読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)。

脳みその中のうずまきを整えたい。

たんか

手繰り寄せる。

命消えゆく一筋を手繰り寄せ 座席飛び出し走る電車内

締め切り

夕暮れるのかよなんでねえなんで 待って止って締め切り間近

死化粧。

来る覚悟 整えしせり心蹴り優に飛び越え死化粧の母

わからない

昨日から今日に変わって何がどう 変わったのかもよくわからない

綺麗事。

綺麗事に怯えるんじゃねえ脳みその 短い突起が震えて今夜

世界は終わる

土管から覗く世界は終わるけど 君と僕だけ助かるシステム

もみじ

もみじ散る いつの間にやら消え果てた己の道を探す旅路に

スーパームーン

平日の静けさの中蔭るスーパームーンに彷徨い歩く羊たち

残りカス

アキラメの残滓に息も絶え絶えに もう一個付けよう絶え絶え絶え

聴けやこの雄たけびの中ささやかに 蟻の行列いつもどおりに

襖のしみ

つぎはぎの襖のしみが呼んでいる 聞いてよ私疲れが抜けない つぎはぎの襖のしみを隠すよに 座る君の唇噛み切る夢の中 つぎはぎの襖のしみのひとしずく コーヒーか唾かもしくはおしっこ つぎはぎの襖のしみに顔がある 目が離れてて君に似ている

カレー臭

カレー臭 纏わせるのだもみの木に 赤服の爺 逃げ帰るくらいの

幼子

幼子の ぼんの窪からあがる悲鳴 滲みだす血ごと抱きしめた夜