(仮)。

脳みその中のうずまきを整えたい。

初、雑日記。

クリスマスイブ、ブログ名を変更。

どうにも落ち着かないというか、やる気が漲りすぎてあれもこれも手をだしてしまいそうな年の瀬。

来年以降、というか明日以降どうなるかわからないけれど、とりあえず名前を変更して、あとは雑記というのか日記というのかをここにも書きたくなったのでそのカテゴリーも増やしました。

何がしたいのかというと文字を書きたいのです。

私の頭の中は、おおよその時砂嵐のように荒れ狂っており、それらを吐き出さずにはいられなくなります。だから紙にもたくさん書いているし、ちょぼちょぼとそこいらでも書いてます。

書くという行為がなければ私は私を保てないような気がしていて、気がしているだけじゃなく実際そうなのだけど、長い事そういう自分を見ないようにして他をいろいろ頑張ってきました。お金を稼がないと生活できないし、生活はただ生きてるだけではすぐズタボロになるし、風呂に入らなければ臭うし、お腹はすくし、子供は生かしておく必要があります。

そういうあれこれと「書く」をうまく共存させられずにきたけれど、

今後どうなるのかもわからないけれど、

この曖昧な毎日を書き置いていくことも楽しいかなと思いはじめました。

どういう方向に向かうのか自分でもわからないけれど、ある程度まとまりにならないと見えてこないものなのでしょう。

 

砂嵐のような脳内には、たくさんの生き物がいて、そやつらは一秒たりともじっとしていません。なので、捕まえたときに捕まえた事を書きますし、話もよく飛ぶでしょう。

このブログでは、それらを整えず、できるだけそのまま、ありのままに書いていこうと思っています。

 

ってなことを誰に向かって話しているのかよくわからない。しかもですます調だしな。

これは日記。自分の中では割に実験的な分類。どうなるか楽しみ。