(仮)。

脳みその中のうずまきを整えたい。

今頃、らしさを追及しだす。

勇気をふるって旦那を誘い、遠くの巨大ブックオフに行って来た。

旦那を誘うのに何故勇気が必要かというと、そういうことに慣れていないのでただいま練習中なのです。自己主張の。

そのあたりを書き出すと、やたら長くなるので今回は割愛。

本とお洋服をたくさん買ってきました。お洋服なんか50%オフとかで、400円とか200円とか、まああああ安い。貧乏の味方ブックオフ万歳。

今の私は、着たい服と持っている服がかけ離れているので、なんとかそこを近づけたいのだった。

私は森の妖精になりたい(おい)

いや、結構真面目にそんな趣味。ふんわりゆったりしたラインで、少し個性のあるワンピースなんか最高なのだ。さくっと着ててくてく歩く自分を想像してうっとりなどしてみる。

が、今回のブックオフには好み完全一致のものは残念ながらなくて、半一致くらいのものをいくつかチョイス。森の妖精にはなれないが、森の鼻くそくらいには近づけたか。

今持っている洋服は、森の鼻くそどころか、動きやすさのみを追い求めた現場服(現場服?)みたいなものばっかりだから(昨年までの仕事柄)、それを処分しつつ収納しよう。

と思いつつ、まだ着れるのにな~。捨てるとかな~。もったいないおばけでそうだな~。またいつか着るかもしれないしな~。と、貧乏根性がチラつくのだった。いやだいやだ。

物も金も循環させないといかんとはよく聞く話で、あれは本当なのですか?

循環する根性も余裕もない貧乏人に誰か教えて。

何年も着てない服をせっせと衣替えし続けてきたけれど、そろそろそのステージから卒業して着たい服を最小限だけ持つような生活をしてえなあ。

誰かそういう私になる魔法かけてくれないかなあ。

そんなこと考えてるからなれないんだよなあ。

自分で動くしかないのだな。さ、飲もう。