(仮)。

脳みその中のうずまきを整えたい。

「、」

私は私でいいのに何故隠そうとするのか。

無意識の連鎖に慣れっこになっているうちに 見えてきた自分の不在。

あっちではこう こっちではああ の成れの果ての私に嫌気がさして今

「、」をまず打とう。

一息置いて、またみつめよう私を今。