読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)。

脳みその中のうずまきを整えたい。

力の入らない一日。

昨夜は暑くて寝苦しく、布団をはだけて眠ったのだけれど、朝方寒くて起きちゃって、ああ体温調整の難しい季節がきたなと思う次第。

寒いなって思ったらすぐ横にある布団をかければいいのに身体は動かず、浅い眠りの中で寒い寒いって思い続けているあの現象ってなんだろう。いいから布団かけろよと言ってやりたい。

で、なんとなく寝不足だったから、子を送り出した後また布団に戻って本を読みながら寝ようと決めていたんだけど、眠りに落ちそうな瞬間に、

「あ、あれやってなかった」

とか思い出して、気になるともうだめだから起きだして用を済ませてまた布団に戻る。というのを三度繰り返したら眠れなくなった。でも身体は動きたがらないから午前中一杯布団の中でもぞもぞしていたんだけど、そんなふうに過ごしたせいか午後になっても頭がぼんやりしていて使い物にならない。ひーひー言いながら書き物を進めているけど、魂が入っていない感じ。身体も脳みそもふわふわしているけれど、魂もふわふわどこかに行っちゃってお留守です。戻ってこーい。